コンテンツ

ホーム

サイト紹介

はれのくに

の旅

鉄の旅岡山

遍路歩き旅

海外旅行

統こけし

マイブログ

お水の宿 このの

 

C9005250.JPG

9005247.JPG

9005249.JPG

 

JR橋本駅前まで車での送迎があると言うので、この日の宿は街道からは大きく外れるが、高野山を望む市街地郊外にある「ゆの里・お水の宿 このの」で泊まることにした。

元々この地には「金水」「銀水」「銅水」と呼ばれる水が湧き出ていて、そこに作られた天然温泉「ゆの里」に併設された施設で、全18室ほどの小さな宿ながら和室のほか、ダブルやシングルの洋室も備えている。

温泉棟には食事処があり、宿泊客の夕食もここで摂ることになる。また施設にはフアームもあり、そこで収穫した作物を加工する手作り工房などもある。

 

9005253.JPG

9005287.JPG

6080101.JPG

 

6080102.JPG

6080103.JPG

9005257.JPG

 

9005265.JPG

9005268.JPG

9005273.JPG

 

9005262.JPG

9005294.JPG

9005283.JPG

 

 

八葉の蓮華

 

外八葉であろうか、行くを塞ぐように立ちはだかる山並みが随分と近づいている。

昨夜泊まった「ゆの里・お水の宿 このの」で、「あの辺りが高野山・・・」と、教えられた山頂付近に目を凝らせば、気のせいか何やら建造物らしき姿が望まれる。

 

一般的に高野山と言うが、その名の山は存在しない。

転軸山、弁天岳、摩尼山など1000m級の8つの山々に囲まれていることから、これらの峰々を蓮の花の八枚の花弁に例え、「八葉蓮華」と称し、一般的にはそれを「外八葉」と呼だ。その「外八葉」にそれぞれ設けられたのが、高野七口と言われる入り口で、それは大門口、不動坂口、黒河口、竜神口、相ノ浦口、大滝口、大峰口である。

 

9005289.JPG

9005288.JPG

9005260.JPG

 

9005261.JPG

6080112.JPG

6080113.JPG

 

 「外八葉」に囲まれた山上の盆地は、東西6キロ南北3キロで、その神聖な地形の地に空海は真言密教の聖地を開いた。

そこに築かれた大塔を中心とした伽藍が立ち並ぶさまも蓮の八枚の蓮華の形に例えられ、これを「内八葉」と呼んだ。

これが山上の宗教都市・高野山である。

 

 

三軒茶屋大常夜灯籠 

 

橋本の町を抜け、紀ノ川に架かる橋本橋を渡り、すぐに右折して堤防を歩きその先で、旧高野街道の狭い通りに入ってきた。

しばらく行くと道端の「三軒茶屋大常夜灯籠」が目についた。

この灯籠には高野山興山寺領との銘が刻まれていることから、この川を超えると当時は高野山領に足を踏み入れたことになる。

京・大阪・堺などから高野山参詣に向け、歩き続けて来た昔の旅人は、ようやくここに来て感慨深いものを感じたのであろう。

 

9005315.JPG

9005314.JPG

6080202.JPG

 

 高野山への参詣道は、古くは慈尊院から町石道を登るのが一般的であったと言う。

しかし室町時代後期頃からは、御幸辻から南下し、橋本の地で紀ノ川を渡り、学文路から登る不動坂道が距離も短いことからこちらが主に用いられることとなり、天正年間にこの場所に地名の由来になった長さ130mの木橋が架けられた。

しかしその橋は3年後の増水であえなく流失、その後は舟による「無銭横渡」が行われたといい、ここがその南岸の渡り場跡らしい。

 

9007395.JPG

6080203.JPG

6080211.JPG

 

6080212.JPG

6080213.JPG

6080221.JPG

 

9007401.JPG

6080222.JPG

6080223.JPG

 

もとも高野山には学僧たち学侶の中心寺院である清厳寺と、高野山で書道の管理や雑用、僧兵などを務めた行人のために建てられた興山寺があり、いずれも秀吉母の菩提を弔うために創建した寺であった。

その後明治政府の命によりこの二寺が合併してできたのが総本山・金剛峯寺という。

常夜灯はいつごろ建てられたものかはわからないが、少なくとも江戸期か、それ以前であることはこの事からも窺い知れる。

 

 

高野街道六地蔵

 

 橋本の町から紀ノ川に沿って進むとその先に清水と言う集落が有る。

高野山領最初の宿場町として賑わいを見せたところで、今でも街道に沿った狭い通りには、軒の低い重厚な瓦屋根の家屋がその面影を今に残している。この町並みは、和歌山県ふるさと建築景観賞を受賞している。

 

6080301.JPG

9007406.JPG

6080302.JPG

 

6080303.JPG

6080311.JPG

9007410.JPG

 

6080312.JPG

6080313.JPG

6080321.JPG

 

 その宿場の東端に「西行庵」と並んで「地蔵堂」が建っている。

これは「高野街道の六地蔵」と言い、参詣の旅人の安全を祈念して、街道筋六か所に置かれたものの一つであり、この地が第一の地蔵と呼ばれている。嘗ての高野山信仰を今日に伝え、高野山に向かう旅人と参詣道の住民との関りを示す文化遺産でもある。

 

9007414.JPG

6080322.JPG

6080323.JPG

 

第二の地蔵は、旧道が国道370号に合流するあたりに立ち、そこを過ぎれば学文路はすぐそこだ。

ここから先学文路までは緩やかに上る5キロ余りの道程で、そこから不動坂道を行くなら山上入り口の「女人堂」までがおよそ15キロの登山道である。この間に、第三から第六の地蔵が建てられている。

 

 

高野への足

 

 高野山への足として南海電鉄は、難波駅から高野山下の極楽橋まで乗り入れている。

この路線には観光列車「天空」や、特急の「くうや」などの看板列車が運行している。

 

6080401.JPG

6080402.JPG

6080403.JPG

 

9007426.JPG

9007430.JPG

9007431.JPG

 

高野下駅から極楽橋の間は、この路線のハイライト区間で、駅間の標高で400m以上も登る山岳区間である。

50パーミルと言う急勾配と曲線半径R=100と言う急カーブが連続で、幾つものトンネルを重ねながらゆっくりゆっくりと登っていく。

車窓からは人家は途絶え、深い谷と豊かな森、その稜線と広がる青い空だけを見ながら、まるでトロッコ列車のように、車輪の音を軋ませながらかなりゆっくりとしたスピードで進む。

 

9007751.JPG

9007750.JPG

9007749.JPG

 

9007745.JPG

9007436.JPG

6080411.JPG

 

9007434.JPG

9007437.JPG

6080412.JPG

 

6080413.JPG

9007445.JPG

9007455.JPG

 

6080421.JPG

6080422.JPG

6080423.JPG

 

 

高野山ケーブル

 

極楽橋で電車を降り改札を出ず構内で右折して、右手に極楽橋の赤い欄干を見ながら、不動谷川に架かる連絡橋を渡ればケーブル駅の階段状のホームがある。

珍しい2両連結の車両は、随分と大型で、これは電車から乗り継ぐ乗客を一回で捌くためのものらしい。

 

高野山駅まではその距離800m、高低差330m、最大斜度670パーミルと言う急こう配を、途中で上り下りが行き違いをし、あえぐこともなくいとも簡単に5分ほどで登り切る。

終点の高野山駅は1960年に開業したもので、駅舎は国の有形文化財に登録されている。

 

9007462.JPG

6080431.JPG

9007464.JPG

 

6080432.JPG

6080433.JPG

6080441.JPG

 

6080442.JPG

6080443.JPG

9007472.JPG

 

6080451.JPG

6080452.JPG

9007476.JPG

 

9007477.JPG

9007479.JPG

6080453.JPG

 

 

山上の足

 

高野山内は南海りんかんバスで巡るか歩くことになる。

バスは一日830円のフリー券(当日一日だけ有効)が有り、ここ高野山駅と奥の院が片道410円だから、山内をくまなくバスで回るならこのほうが断然お得である。

 

高野山駅前で待つ山内バスは、バス専用道路(高野山駅から女人堂までは、バス専用道になっているので、歩行は禁止されている)を7分ほど走り、最初の停留所である不動坂口の「女人堂前」からその先の警察署前に停車する。

山内の路線はここから各所に向かっている。

奥の院方面へはかなりの便数があり便利であるが、大門など路線によっては本数が少ないところもあり注意が必要だ。

 

6080461.JPG

6080462.JPG

9007627.JPG

 

9007628.JPG

9007630.JPG

6080463.JPG

 

9007544.JPG

9007504.JPG

9007724.JPG

 

 


 

| ホーム | 遍路歩き旅 | このページの先頭 |

 

(c)2010 Sudare-M, All Rights Reserved.

 

inserted by FC2 system