コンテンツ

ホーム

サイト紹介

はれのくに

鉄の旅岡山

の旅

遍路歩き旅

海外旅行

伝統こけし

マイブログ

高瀬舟と曲がった鉄橋

 

山陽本線の吉井川橋梁は、岡山生まれの名随筆家・内田百閧ェ自身の随筆集「安房列車」に“日本で唯一曲がった鉄橋”と紹介したことで、一躍有名になり、以来鉄道写真フアンの撮影ポイントとして知られたところだ。

測量ミスなどと汚名を着せられ、面白おかしく語られたりもしたが、実際のところは、熊山山塊にトンネルを掘るのを避け、山裾に沿って鉄橋を曲げたものらしい。

こういった事例は、決して珍しいものでもなく、全国でもいくつかあるそうだ。

 

7030103.JPG

7030104.JPG

7030105.JPG

 

7030106.JPG

7030107.JPG

7030108.JPG

 

7030110.JPG

7030109.JPG

7030111.JPG

 

7030112.JPG

7030114.JPG

7030115.JPG

 

 『作州和計河(ワケガワ)にてタカセ舟を見ておもへらく、百川皆舟を通すべしと、』

江戸時代初期、吉井川で高瀬舟を見て大いに驚いた角倉了以は、京都の嵯峨野に帰って川浚えを始めたと言う。

(「岡山紀行今昔」富岡敬之 昭和55年・山陽新聞社)

古くから高瀬舟による舟運で栄えた吉井川には、周匝川、和気川などといろいろな名前が有ったらしい。

 

7030113.JPG

7030101.JPG

7030102.JPG

 

7030116.JPG

7030117.JPG

7030118.jpg

 

流域にある4世紀末の古墳からは、舟形土製品が出土している。

高瀬舟とは、全長が20m、巾2m位の舟底が平らで、舳先が高くせり上がり、中央に帆柱が立った船のことで、浅瀬でも運行が出来る構造となっていた。

 

室町時代には、上流の林野や津山あたりまでの舟便が有り、馬に換算すると40頭分もの荷を積んで上り下りしていたと言う記録も残されている。

下りは流れに乗って一日から二日、上りは人馬などで引き揚げたりしながら三から四日、上り下りすると一週間程度で有ったと言う。

 

 

吉井水門と倉安川

 

 その橋梁から少し下ったところに、「倉安川吉井水門」(県指定史跡)がある。

倉安川と言うのは、江戸時代の岡山藩主・池田光政が家臣の津田永忠に命じて造らせた、吉井川と旭川を結ぶ幅約7m、延長約20キロにも及ぶ水路で、延宝年間にたった1年で完成を見ている。

これは既にあった農業用水路や、既存の川なども巧みに取り入れ利用したからであろう。

 

この川は当時しきりに開発されていた南部の新田への灌漑用水と、吉井川の上流地などから岡山城下へ年貢米等を運ぶ高瀬舟の運河としての二つの機能を持っていた。

また藩主が参勤交代の帰途、この水路を使い岡山城に帰ったと言う記録も残されていると言う。

 

7030201.JPG

7030202.JPG

7030203.JPG

 

7030204.JPG

7030206.JPG

7030205.JPG

 

7030207.JPG

7030208.JPG

7030209.JPG

 

 工事における最大の難関は、二つの川の標高が異なることであった。

県の東部を流れる吉井川の標高は5.7m、中央部を流れる旭川の標高は0.6mと、僅かその差は5mほどであるが、船を通すためには水門を作る必要が有った。

そのため、吉井川側に造られたのが、「倉安川吉井水門」である。

吉井川の堤防側に「一の水門」を設け、倉安川側に「二の水門」を設け、その間に「高瀬廻し」と呼ばれる船溜まりを設け、この二つの門の開閉により水位の調節を行ったのである。

 

7030210.JPG

7030211.JPG

7030212.JPG

 

7030213.JPG

7030214.JPG

7030215.JPG

 

 当時の人々が僅かな標高差を把握し、現在「閘門式(こうもんしき)」と言われる水位調整の仕組みを知っていたと言うことは土木技術の高さを窺い知ることが出来る。

水門は一部堤防道路のため原型を留めてはいないが、残された施設は自然の岩盤を利用して、花崗岩などの切り石を組み上げた堅固な造りで、川と同様320年を経た今もほぼそのままである。

 

 

万富とビール工場

 

1975年頃、北海道広尾線(19872月廃線)の「愛国」から「幸福」行き切符、「愛の国から幸福へ」のフレーズに端を発した旧国鉄の切符ブームは、瞬く間に全国を席巻し、ついに岡山県内にも飛び火した。

「万富」も例外ではなく「万に富む駅」として評判を呼んだ。

 

7030301.JPG

7030302.JPG

7030303.JPG

 

ここは明治30年に地元が用地を寄付し、山陽本線の前身の山陽鉄道が開設した旅客扱い専用駅である。

当時からこのあたりは桃やブドウの一大産地で、出荷シーズンともなると全国各地への発送で大いに賑わったと言う。

現在でも周辺には桃畑やブドウ棚を見かけることが出来るが、出荷は鉄道から宅配便に代わっている。

 

そんな駅では年間でも200枚程度しか売れなかった入場券が、一日平均で100枚以上も売れ、最高は300枚も出た日が有り、駅では増刷に次ぐ増刷で対応に追われたと当時の新聞は伝えている。

一日の利用者が数百人しかなかった駅での青天の霹靂である。

 

7030304.JPG

7030305.JPG

7030306.JPG

 

 駅の南にはその三年前の1972年、キリンビールの岡山工場が創業している。

ここにはビール造りの命とも言える吉井川の上質な水がふんだんにあることや、広大な工場用地や、交通の利便性などを考慮して立地したと言われている。

当時万富駅にはビール輸送のための専用側線が引かれ、工場専用に貨物も扱う繁盛駅となった。

しかしその後は貨物がトラックによる陸送に取って代わられ、貨物扱いは廃止された。

 

7030307.jpg

7030308.jpg

7030309.jpg

 

7030310.JPG

7030311.JPG

7030312.jpg

 

そんな工場が平成に入りリニューアルされた。

最新鋭の機器が導入され、生まれ変わった仕込み工程や缶の製造ラインなどはガイド付きで見学することが出来、終われば出来立ての美味しいビールなどの試飲も楽しめる。

広大な場内にはビオトープも併設され、公園のような「キリンビアパーク岡山」が誕生した。

 

 

万富東大寺瓦窯跡

 

 平氏全盛の平安時代、源頼政は以仁王を奉じて延暦寺や興福寺の勢力と組み打倒平氏の兵をあげた。

これに対して平清盛の命を受けた平重衡は奈良へ攻め入り、反平氏勢力の中心である南都の寺の多くを焼き討ちし、これにより東大寺も焼失した。

 

7030401.JPG

7030402.JPG

7030403.JPG

 

7030404.JPG

7030405.JPG

7030406.JPG

 

7030407.JPG

7030408.JPG

7030409.JPG

 

その後時の朝廷により東大寺の復興計画が立てられ、大仏殿再建の勧進も行われた。

『備前国司(俊乗坊重源)の勢力がおよび、大量の瓦や材料(薪)を生産・運搬するのに適した地として、この万富が選定されたと考えられる。』

(「史跡万富東大寺瓦窯跡確認調査報告書」 2003年 岡山県瀬戸町教育委員会)

その再建に必要な瓦を焼いた窯跡と伝えられる場所がこの地には残されている。

昭和54年の県の発掘調査で13基もの窯が確認され、国の史跡に指定された「万富東大寺瓦窯跡」だ。

 

7030410.JPG

7030411.JPG

7030412.JPG

 

7030413.JPG

7030414.JPG

7030415.JPG

 

もともとこの地は備前焼で有名な伊部にも近く、付近には良質な粘土が大量に有ったことが知られている。

そんなわけで阿保田神社を中心にその周辺に当時は30基もの窯を造営し、それを用いて軒丸瓦と平瓦などが3040万枚も焼かれたと伝えられている。

 

 当時吉井川の流れは大きく二つに分かれ、そのうちの一つが西に流路を変えていたと推測されている事から、生産された瓦は筏を組んで川の中ほどに待つ舟まで運び、それに積み変え吉井川を下り、瀬戸内海に出て大阪湾に向かい、そこから淀川・木津川をさかのぼり東大寺に送り届けられたとみられている。

水運の無事を祈り奉納した、或いは荷捌き中に誤って落としたなど、吉井川の水底からは瓦片なども見つかっている。

 

 

宗堂の桜

 

 万富駅にほど近いところに、珍しい桜が代々伝えられ残されている。

この桜はヤエザクラの一種で、花弁が60枚もあり、その花弁は内側の約20枚がカール上に反転している。

この特性は突然変異種ではあるが他には類例がなく、「宗堂の桜」として県の天然記念物に指定されている。

 

一時は絶滅の危機に有った桜も、町や地元の手厚い保護や接ぎ木などにより、今では宗堂地区の妙泉寺跡で蘇り、毎年4月に入ると豪華で神秘的な花を咲かせている。

 

7030501.JPG

7030502.JPG

7030503.JPG

 

7030504.JPG

7030505.JPG

7030507.JPG

 

7030513.JPG

7030514.JPG

7030516.JPG

 

宗堂桜には、悲しい言い伝えが残されている。

昔この宗堂の地には日蓮宗不受不施派の妙泉寺と言う寺が有り、若い雲哲日鏡が住持として勤めていた。

地元の人たちからも慕われていた花好きな雲哲は、境内に自らの手でヤエザクラを植え、楽しんでいたと言う。

そんなある日、雲哲の身に法難が起こり、参道の桜並木の前で絶命してしまった。

事は、儒教に傾倒する藩主に毒を盛られたと言われている。

すると主を失った桜は、その死を悼むように花弁の一部を巻き込み、開き切らずに咲くようになったと言う。

 

7030506.JPG

7030508.JPG

7030509.JPG

 

7030510.JPG

7030512.JPG

7030511.JPG

 

7030515.JPG

7030517.JPG

7030518.JPG

 

 

 

 


 

| ホーム | 鉄の旅岡山 | このページの先頭 |

 

(c)2010 Sudare-M, All Rights Reserved.

 

inserted by FC2 system