コンテンツ

ホーム

サイト紹介

はれのくに

鉄の旅岡山

の旅

遍路歩き旅

海外旅行

伝統こけし

マイブログ

林業の町・美作加茂

 

 加茂町は岡山県の北東部、中国山地の真ん中に位置し、四方を急峻な山々に囲まれ、町中を加茂川とその支流の倉見川が流れる林業の町で、その中心となるのが美作加茂駅だ。

 

7130113.JPG

7130114.JPG

7130115.JPG

 

 因美線は当初、鳥取〜用瀬間の因美北線と、津山からここ美作加茂の間の因美南線として開業を始めている。

この駅は昭和3年の因美南線開通時に開設され、当時は東津山方面に向かう起点の始発駅であった。

その後因美南線が美作河井まで延伸されたことにより、因美線の途中駅となった歴史がある。

 

駅は一面一線のホームが相対した造りとなっていてその構造は開業当時のままらしい。

ここでは列車の交換が可能だ。また津山方面からの列車の一部は、ここで折り返し運転が行われている。

 

7130101.JPG

7130102.JPG

7130103.JPG

 

7130112.JPG

7130107.JPG

7130108.JPG

 

現在の駅舎は2003年に再建・・・と言うか、旧木造駅舎を改築したものらしい。

正面から見るとほぼ左右対称で、屋上の時計塔が印象的な、端正な造りとなっている。

林業の街らしく地元産のスギやヒノキなどの木材をふんだんに使った造りには風格さえ感じられる。

内部は時計塔部分が吹き抜けの明り取りとなっていて、そのせいか随分と明るい。

待合室には畳を貼ったベンチが置かれ、沿線の写真などで飾られ、温かみが感じられる駅でもある。

 

7130109.JPG

7130110.JPG

7130111.JPG

 

7130105.JPG

7130106.JPG

7130104.JPG

 

 

百々温泉

 

美作加茂の市街地は駅から1キロほど離れた加茂川を渡ったあたりに開けていて、その一角に温泉が有る。

「百々」と書いて「どうどう」と読む、難読な地にある「百々温泉」である。

ここには、ログハウス風の多目的研修施設「ウッディハウス加茂」や、「百々温泉の湯 めぐみ荘」が有り、その湯を楽しむことが出来る。

 

7130201.JPG

7130202.JPG

7130203.JPG

 

7130204.JPG

7130205.JPG

7130206.JPG

 

日帰り入浴施設の「百々温泉の湯 めぐみ荘」には食事処が併設され、多目的に利用のできる和室や会議室もある。

また町有林の木材をふんだんに使用したラウンジにはマッサージコーナー、ビリヤード室などもあり、憩いと寛ぎの一時を提供する施設となっている。

 

7130207.JPG

7130208.JPG

7130209.JPG

 

7130210.JPG

7130211.JPG

7130212.JPG

 

7130213.JPG

7130214.JPG

7130215.JPG

 

泉質はラジュウム温泉(単純弱放射能冷鉱泉)で、神経痛、筋肉痛、関節痛、慢性消化器病、冷え性、疲労回復などに効能が有ると言う。

ガラス張りで開放的な明るい浴室はあまり広くはないが、大浴槽のほか歩行浴槽、泡浴槽、薬浴槽とサウナを備えていて、さらに露天風呂らしくない屋外の浴槽など、5つの浴槽で多彩な入浴が楽しめる。

お湯は無色透明、無臭で負担のないさらっとした軽め柔らかい感じで、美肌づくりには好適な湯として知られている。

 

 

秘境駅ランキング

 

 「秘境駅」とは、例えば深い山々に囲まれた山中とか、断崖絶壁の海に面しているとか、荒涼とした原野で辺りには人家どころか道路もないとか、そんなところを一般に秘境と言うが、そんな辺鄙な厳しい地に佇む駅のことだ。

鉄道ファンにとってこんな「秘境駅」は、あこがれの存在であり、他人がめったに行かないだけに、先んじて行ってみたいと思う存在であろう。

 

7130301.JPG

7130302.JPG

7130303.JPG

 

7130316.JPG

7130317.JPG

7130318.JPG

 

 とはいえ鉄道沿線にあって、列車で行けるのに「秘境駅」と言うのもなんだかおかしいと思わぬわけでもない。

しかしそこには秘境と言われる様々な事情が秘められている。

秘境駅訪問家の牛島隆信氏は、JR全線を乗りつぶし、全国の鉄道駅を巡り、その秘境度を点数化し、ランキング形式で1位から200位までの「秘境駅」を発表している。(http://hp1.cyberstation.ne.jp/hikyoueki/

 

その基準は、駅の置かれている地勢的な状況のみならず、駅の持つ雰囲気や古さ、施設の状況・状態、鉄道や道路を使ってのその駅への到達難度などを尺度とし判断されている。

したがって鉄道は通っていてもその本数が極めて少なければ、あるいは駅に向かう取り付け道路がなければ、それだけ駅に到達する難度が高くなり、秘境度も高くなると言うわけだ。

 

7130304.JPG

7130305.JPG

7130306.JPG

(静岡県・大井川鉄道 尾盛駅)

 

 ランキングによるとその第一位は北海道・室蘭本線の小幌駅、第二位は静岡県・大井川鉄道の尾盛駅、第三位が静岡県・飯田線の小和田駅となっている。どの駅も周囲に人家がなく、駅に向かう道すらない駅である。

岡山県内では、伯備線の布原が40位、新郷が139位、方谷が197位、そして因美線では知和が134位にランクインしている。

 

7130310.JPG

7130311.JPG

7130312.JPG

 

7130307.JPG

7130308.JPG

7130309.JPG

 

7130313.JPG

7130314.JPG

7130315.JPG

(上から何れも 岡山県・伯備線 布原駅、新郷駅、方谷駅)

 

 

普通さえ通過する駅

 

 秘境駅ランキングの134位に位置付けられているのが因美線の知和駅である。

(秘境駅訪問家・牛島隆信氏 http://hp1.cyberstation.ne.jp/hikyoueki/による)

駅の開業は昭和6年と比較的新しく、ここには開業当時の姿を留める駅舎が残されている。

 

木造平屋建て赤いトタンの切妻屋根、外壁は下見板張りで、軒下の部分が白い漆喰壁となっている。

駅の内部には出札口や手荷物預かりの窓口などがそのまま残されていて、これらは何れも手の込んだ木造でガラスが嵌め込まれていて、その木組みの意匠と白壁漆喰が美しい。

使い込まれたカウンターは黒光り、風格さえ感じられる駅舎内である。

ホーム側から見ると、昔懐かしい学校の教室とその前の廊下のような雰囲気を持っている。

 

7130401.JPG

7130402.JPG

7130403.JPG

 

7130404.JPG

7130405.JPG

7130406.JPG

 

7130411.JPG

7130407.JPG

7130408.JPG

 

 駅は県道6号線を外れ、100mほど入った少し高いところにある。

その入り口の県道わきには大きな工場があり、その周りには数軒の人家もあるので、この駅の秘境度はその点では高くない。

この駅が秘境駅と言われる所以は、列車で到達するその難度にある。

 

7130409.JPG

7130413.JPG

7130410.JPG

 

7130412.JPG

7130414.JPG

7130415.JPG

 

 智頭方面に向かう始発列車は1210分である。この駅にはそれ以前の朝二便ある智頭行の普通すら通過する。

午後は15時台からおよそ2時間おきに4本、最終は2017分だ。

 

 反対に津山行きの事情は若干異なり、朝は7時台と8時台に各々1本、後は13時台、16時台、18時台、21時台の4本である。

これはこの地の人々が、距離的にはあまり変わらない隣県の智頭町より、同じ県内の津山市近辺が生活の拠点になっていることへのJRの配慮であろうと思われるが、この駅を利用する乗客は極めて少なく、一日10人程度と言うから、停めても利用が見込めないと言うのが本音のところかもしれない。


 

 

 

 



 

| ホーム | 鉄の旅岡山 | このページの先頭 |

 

(c)2010 Sudare-M, All Rights Reserved.

 

inserted by FC2 system