コンテンツ

ホーム

サイト紹介

はれのくに

鉄の旅岡山

の旅

遍路歩き旅

海外旅行

伝統こけし

マイブログ

陣屋町・足守町並み保存地区

 

 JR桃太郎線(吉備線)の足守駅は空のマッチ箱を置いたような、簡素な駅舎がポッンとあるだけの小さな無人駅だ。

駅前に通勤通学のバイクや自転車が、雑然と置かれている様がいかにもローカル駅を思わせる。

そんな駅から4キロメートルほど足守川に沿って北に向かうと、陣屋町・足守が有る。

 

7240101.JPG

7240102.JPG

7240103.JPG

 

7240105.JPG

7240104.JPG

7240106.JPG

 

ここは秀吉所縁の地である。

豊臣秀吉が高松城攻めの折り、軍師・黒田官兵衛の献策により堰き止め、備中高松城を水攻めにしたとされる足守川がすぐ横を流れている。秀吉はこの足守駅の裏手辺り(旧門前村)から、丁度この桃太郎線に沿うように備中高松駅の東、秀吉が本陣を置いた石井山の南麓まで、高さ8メートルもある堤を僅か12日間で築いたとされている。

 

 また杉原家定は織田信長の家臣であったが、妹・ねねが秀吉の正室・北の政所となったことで、木下姓を許された。

その後家定は、関ヶ原の戦いの折りには中立を取り、その合戦ののち播磨姫路城からここ備中に領地を移され、二万五千石を領したのがこの地の始まりだ。

 

7240107.JPG

7240112.JPG

7240122.JPG

 

7240108.JPG

7240109.JPG

7240110.JPG

 

7240111.JPG

7240116.JPG

7240117.JPG

 

足守は吉備路の北東に位置し、足守川と岡山平野に育まれた豊かな地で、昔から経済・交通の要衝として知られている。

本陣が置かれると町は整備が進み、以後約250年間にわたり城郭を持たない小藩大名の居所のある町(陣屋町)として栄えてきた。

 

足守藩木下家が明治維新まで、13代に渡り藩主として治めた陣屋町には、かつての建築様式を伝える武家屋敷や古い町屋などが100戸余り残されている。

それは明治以降各地で急速に失われた城下町の、特に町人町の風情を今なお色濃く残すもので、江戸時代の伝統的な間口の広い平入りの家屋が立ち並ぶ町並み保存地区「足守歴史 ふれあい通り」などで目にする事が出来る。

 

7240113.JPG

7240114.JPG

7240115.JPG

 

7240123.JPG

7240124.JPG

7240118.JPG

 

7240119.JPG

7240120.JPG

7240121.JPG

 

重厚な瓦屋根、漆喰のなまこ壁などの町屋が立ち並ぶ様は見事で、中でも町屋の表格子等は良好に保存されていると言う。

建物の一階部分には、千本格子、切子格子などと言われる端正な格子がはめこまれ見どころの一つとなっている。

また二階部分に目をやると格子窓、虫籠窓などとその造りも多彩だ。

 

町中には武家屋敷の遺構や当時を伝える陣屋の区画割りなど多く残されていて、当時の侍の生活と町屋の暮らしぶりと言う二つの表情を垣間見ることが出来る。

またこの地は江戸末期の蘭学者、適塾を開いた緒方洪庵や、明治から大正にかけて活躍した白樺派の歌人・木下利玄の生誕地としても知られていて、ゆかりの場所も多く残されている。

 

 

足守武家屋敷

 

 江戸時代の面影を残す町人町がここの顔なら、武家屋敷もまたここの顔である。

この地では陣屋町が形成され、街道が整備されるとその道沿いには商家が次々と築かれ、結果今日に見られるような武家屋敷の一帯と町屋の一帯が見事に残されてきた。

 

7240201.JPG

7240202.JPG

7240209.JPG

 

7240208.JPG

7240207.JPG

7240203.JPG

 

7240204.JPG

7240205.JPG

7240206.JPG

 

「足守歴史 ふれあい通り」から少し入ったところに残る武家屋敷は、江戸時代中ごろに築かれた足守藩家老職・杉原家の旧宅だ。ここには長屋門、母屋、御成門、内蔵、土蔵などがほぼ完全な形で残されている。

白壁・なまこ模様の長屋門を潜ると、前庭の向こうに堂々とした母屋が建っている。

茅葺・寄棟総平屋造りは伝統的な武家書院造り構造で、これは今日の和風建築の原型とも言われている。

 

 唐破風の玄関は広く、式台の先には幾つかの広間が連なり、所謂表向きの書院と言われるところで、その前には遠州流の庭園も有り藩主用の御成門を構えている。裏手には内蔵や湯殿も残されていると言う。

これら凛として佇む屋敷は堂々たるもので、家老職の威厳さえ感じられる。

 

7240210.JPG

7240211.JPG

7240212.JPG

 

240213.JPG

7240214.JPG

7240215.JPG

 

 

 武家屋敷近くの小学校には、「北木下家屋敷の表門」(北木門)も残されている。

これは足守藩政時代の貴重な遺構で、建物の骨格や正面外部の物見窓、下見板など当時の旧状を良く保っているそうだ。

一時は足守小学校の正門としても使われていたらしく、今ではその校庭の片隅に忘れられたように置かれ、倉庫として使われている。

 

 

名勝・近水(おみず)園

 

 足守藩侍屋敷から100mほど行くと、小さな川に沿った「利玄みち」が始まる。

左手に宮路山がそびえ、その南東山麓に広がるのが「旧足守陣屋跡」の遺構である。

城郭を持たない小藩の藩主の居館や、藩庁や侍屋敷などが整備されたところで、木下家13代の藩主による治世が行われたところだ。

 

 屋形廃止後は文教施設の場として使われていたが、今は広々とした芝生広場の公園として町民の憩いの場になっている。

そこには隣接して白樺派の歌人として知られる木下利玄の生家が残されている。

明治19年に生まれ、幼少期を過ごしたのがこの地であった。

 

7240301.JPG

7240302.JPG

7240303.JPG

 

7240304.JPG

7240305.JPG

7240306.JPG

 

7240307.JPG

7240308.JPG

7240309.JPG

 

 その先にあるのが、県指定名勝の「近水(おみず)園」である。

小堀遠州流と言われる回遊式池泉庭園で、江戸時代初期(18世紀頃とも)に造られた大名庭園だ。

すぐ横を流れる足守川の水を引き入れた池を中央に配し、樹木の茂る園にはそれを巡るように遊歩道が廻らされている。

 

7240310.JPG

7240311.JPG

7240312.JPG

 

7240313.JPG

7240314.JPG

7240315.JPG

 

7240316.JPG

7240317.JPG

7240318.JPG

 

池には鶴島・亀島が浮かび、周囲にはカエデや桜なども多く、四季折々、紅葉や花見の名所としても知られている。

池のほとりの山際の一角に立つ吟風閣は、池を望む高台に見下ろすように建っていて、それは京都の仙洞御所造営時の残材で造られた茅葺の切妻屋根を持つ(現在は銅板葺き)数寄屋造り(茶室風の造り)である。

 

そんな湖畔には隠れキリシタンのマリア燈籠が立っている。

うっかりしていると、見過ごしそうなところにひっそりと立っていて、なぜこの地に有るのかは言い伝えもなく、良く解ってはいないと言う不思議な石柱である。

 

7240319.JPG

7240320.JPG

7240321.JPG

 

7240322.JPG

7240323.JPG

7240324.JPG

 

7240325.JPG

7240326.JPG

7240327.JPG

 

 この地には藩主や秀吉、北政所ゆかりの貴重な古文書などの資料がたくさん残されている。

木下家文書と言われるものだが、昭和57年には新たに豊臣家関連の古文書も発見されている。

それらは「岡山市立歴史資料館足守文庫」として、園の一角に建てられた施設で管理・展示されている。

(見学は事前申込制・入館は無料)

 

 


陣屋町のひな祭り

 

 足守では町中の施設を中心に23カ所にお雛様を飾り、「陣屋町足守町並み雛めぐり」が行われる。

近年岡山県下では各地で町おこしのひな祭りが開催されているが、ここ足守のひな祭りは県下のトップを切って毎年2月の初めころからおよそ2か月間にわたって開かれる。

 

7240425.JPG

7240424.JPG

7240430.JPG

 

7240427.JPG

7240428.JPG

 

7240433.JPG

7240431.JPG

7240432.JPG

 

 陣屋町・足守の町歩きは国道429号を外れ足守川に架かる葵橋を渡り、「足守歴史 ふれあい通り」の入り口にある「足守歴史庭園」から始まる。町の中ほどには観光センターの役割を果たす「備中足守まちなか館」が有り、そこには観光パンフレットが置かれ、ボランティアの観光ガイド(無料)も常駐している。

ここでもたくさんの珍しいお雛様が、訪れる人々を優しく出迎えてくれる。

 

7240403.JPG

7240417.JPG

7240418.JPG

 

7240422.JPG

7240420.JPG

7240421.JPG

 

またその近くに位置する足守プラザは、情報発信基地、文化交流、安らぎの場として親しまれている施設だ。

陶芸や木工などの体験教室出来る工房を備えている。

ここではレンタサイクルの貸し出しも行われている。

 

7240404.JPG

7240405.JPG

7240406.JPG

 

7240423.JPG

7240419.JPG

7240426.JPG

 

 この通りで代表的な建物が「藤田千年冶邸」である。

これは江戸時代末に建てられた建物で、角地に堂々と建つ姿には、当時の商人の風格、心意気が感じられる。

入母屋の本瓦葺、壁は漆喰塗で平入は、この地では多く見られた商家の造りだそうだ。

代々醤油製造を営む豪商の建物は一般に公開されていて、その表座敷には代々残されてきた段飾り雛が飾られる。

 

7240407.JPG

7240408.JPG

7240409.JPG

 

72404113.JPG

72404114.JPG

7240410.JPG

 

7240415.JPG

7240416.JPG

7240411.JPG

 

7240412.JPG

7240402.JPG

7240401.JPG

 

 この町の「雛めぐり」は、商家や武家屋敷の残る陣屋町の町並みを散策しながら、楽しんでもらおうと言うものだ。

大正から昭和初期にかけて使われ、各家庭に代々残されてきた貴重なものや、陶器や組み木細工、掛け軸に描かれた雛などが家々に飾られ、訪れる人々の心をほっこりと暖かく和ませている。

期間中には夜間のライトアップも企画されているようだ。

 



 

| ホーム | 鉄の旅岡山 | このページの先頭 |

 

(c)2010 Sudare-M, All Rights Reserved.

 

inserted by FC2 system