コンテンツ

ホーム

サイト紹介

はれのくに

鉄の旅岡山

の旅

遍路歩き旅

海外旅行

伝統こけし

マイブログ

旧布原信号所

 

「新見」を出ると伯備線は、25‰で吉備高原を上り次の「布原」に向かう。

ここにはかつて信号所であったが、それが駅になったのは比較的新しく昭和62年のことである。

信号所とは単線区間に有って旅客の扱いをせず列車を停車させ、行き違いなどをするための信号が設けられた場所のことだ。

 

この駅のホームは、上り下り線で少しずれた位置に設けられている。

これは列車が停まると丁度先頭を突き合わせるような位置になり、かつてこの駅で行われたタブレット交換の名残らしい。

現在ではそんな短いホームに特急・やくもなどが、長い編成を窮屈そうに沿わせ、行き違いのための停車をしていて、かつての信号所の機能が残されている。

 

7350102.JPG

7350103.JPG

7350104.JPG

 

7350101.JPG

7350108.JPG

7350109.JPG

 

当時の駅は仮設扱いであったが、ここには駅舎もあり駅員もいた。

この地域の沿線には昔から、石灰岩を掘り出す工場が多く貨車輸送され、それを三重連のSLが牽引をしていたため、結構な繁忙ぶりであったようだが、今ではトラック輸送が支流らしく、寂れ無人駅となってしまった。

 

深い山と渓谷、急勾配の鉄路、黒煙をモクモクと吐き出し悪戦苦闘する蒸気機関車を、カメラにおさめる撮影のポイントとして多くのファンで賑わったところで、そんな撮影で訪れる客旅の対応もしていたようだ。

写真家の中村由信氏は自身の写真集「汽車」(昭和467月 写真評論社)の後書きに、こんなことを書き残している。

『伯備線はD51の三重連で大変に有名になって、(中略)休みの日に写しに行こうものなら、二、三百人のファンが群がってどうにもならない有様』

 

7350105.JPG

7350106.JPG

7350107.JPG

 

7350110.JPG

7350112.JPG

7350111.JPG

 

 今でも駅周辺は山また山で何もなく、せせらぎが静かに聞こえ、僅かな畑では飼牛が草を食む、そんな長閑なこの駅は駅舎も取り壊され、かつての名残の痕跡は何も残されていない。

駅前でよく見る乱雑に停められた自転車も、自動車も見当たらず、勿論人の姿を見ることもさえ殆どなく閑散としている。

 

面白いことに、ここは伯備線なのに同線の列車は普通さえも通過する。

僅かに新見まで乗り入れる芸備線の列車が一日数本停まるのみで、駅には伯備線の時刻表はなく芸備線のそれが掲げられている。

それもそのはず、周囲に人家は殆どなく、一日の乗客数も極めてゼロに近い少なさで、近頃では秘境駅としての知名度だけが上がっている。

 

 

備中神代


 

「布原」から先の沿線は、高梁川の支流・西川が蛇行しながら流れ下る「阿哲峡」と呼ばれる景勝の地である。

この辺りでは川は大きく曲がりくねり、そこに絡みつくように鉄路が沿い、何度も橋梁で川を超え、列車は坂を上って行く。

 

7350213.JPG

7350214.JPG

7350215.JPG

 

7350216.JPG

7350217.JPG

7350218.JPG

 

「備中神代」は、伯備線の途中駅であると同時に芸備線の起点駅である。

とは言え、芸備線の列車はすべて「新見」まで乗り入れているので途中駅のようだ。

したがってここの時刻表は伯備線と芸備線の二本立てであるが、その本数は何れも極めて少なく、芸備線が数往復、伯備線がそれよりも多少多いと言った程度である。

 

7350201.JPG

7350202.JPG

7350203.JPG

 

7350204.JPG

7350205.JPG

7350206.JPG

 

駅自体はこの沿線にあっては比較的大きく、ここには島式のホームと単式ホームが有り、合わせて二面三線と言うことになり、このあたりの駅にしては珍しく跨線橋が線路を跨いでいる。

駅舎は取り壊され、それらしき建物は何もない。

解体した駅舎の再利用らしい門のような建物と、僅かにホームを覆う大屋根、その下に小さな待合室が設けられているだけだ。

 

7350207.JPG

7350208.JPG

\7350209.JPG

 

7350210.JPG

7350211.JPG

7350212.JPG

 

駅前には何軒かの民家が有る。

バス停もあり、列車に接続したコミュニティバスが待っていることもあるが、客待ちのタクシーを見かけることは無い。

 

この駅では昭和52年に公開された映画「八つ墓村」のロケが行われている。

40年も前の出来事であるが、おそらくこの取り壊された駅舎を除いた景色は何も変わってはいないのであろう。

そんな駅の佇まいと、前に立つ赤丸ポストのレトロ感が、なんともいい味を出している。

 


 

またまた難読駅

 

伯備線は「新見」を出ると「布原」「備中神代」「足立」「新郷」と駅を重ねて県境に向かう。

ここら辺りまで来ると乗客の乗り降りは殆どなくなり、岡山県下でも名うての過疎化が進む地域が実感できる。

 

 「足立」も山間の寂しい駅である。

背後に山が迫り、前には深く切れ込んだ渓流が流れ、駅の周りには僅かな人家しかない。

時折川向こうの県道を車が通る以外、聞こえるのは鳥の鳴き声とせせらぎ、風が揺らす葉音くらいで、周囲から生活を感じる音は何も聞こえてこない。

そんな静寂を破るように、轟音をとどろかせながら特急・やくも号が通り過ぎている。

 

7350301.JPG

7350302.JPG

7350305.JPG

 

7350306.JPG

7350303.JPG

7350304.JPG

 

7350307.JPG

7350308.JPG

7350309.JPG

 

ここは粗末で小さな駅舎とトイレ、線路を跨ぐ跨線橋がやけに目立つ駅である。

広場にはコンクリートを打った基礎の跡がそのまま残されているので、かつてはここにも駅務室か何かが建っていたのであろう。

駅前に自家用車の放置は無く、駐輪場には自転車が僅かに数台置かれているだけである。

 

7350310.JPG

7350311.JPG

7350312.JPG

 

7350313.JPG

7350314.JPG

7350315.JPG

 

7350316.JPG

7350317.JPG

7350318.JPG

 

この駅は「足立」と書いて“あだち”とは読まず、“あしだち”と読ます。

次の駅「新郷」も“しんごう”ではなく“にいざと”と読む。

そういえば文化財の駅「美袋」も“みなぎ”と読み、「石蟹」と書いて“いしがに”とは読まず“いしが”と読む。

「備中神代」の「神代」も“こうじろ”とはなかなかに読み辛い字であり、このように伯備線には素直には読めない難読な駅名が続いているのがなんとも面白い。

 

 

中国山脈越え

 

 やけに長くて、幅の狭いホームに降り立ったのは、たったの二人である。

そのうちの一人、おばあちゃんは荷物を抱えいそいそと、その足で駅前に待つマイクロバスに乗り込んでいった。

その運転手がしきりにこちらを窺ってくるので、顔の前で腕をクロスさせ、バツ印をつくり乗らないと意思表示すると納得したのか軽く手をあげ返してきた。

 

7350401.JPG

7350403.JPG

7350402.JPG

 

7350406.JPG

7350404.JPG

7350405.JPG

 

 こんなところで降り、一人取り残されてどうするのだろ・・とでも思っている風である。

そんなバスがクラクションを小さく鳴らし出発し、そのエンジン音が遠ざかると、辺りから物音が全くしなくなり、ホームは静寂に包まれてしまった。

 

手持ちの時刻表を見ると、新見を出た特急がそろそろ通過する時刻である。

この駅の構内とその前後では、線路が右に左に僅かな曲線を描いているので、長編成の列車が巨体をくねらせながら駆け抜けて行くのであろう。

 

7350415.JPG

7350407.JPG

7350408.JPG

 

7350424.JPG

7350409.JPG

7350410.JPG

 

7350411.JPG

7350412.JPG

7350413.JPG

 

そんなことを考えていると、駅前に軽自動車が停まった。

降り立ったのは父子らしく、二人とも大きく立派なカメラを抱えている。

どうやら轟音をとどろかせながらこの駅を通過する、貨物列車や特急電車を狙うようだ。

 

7350422.JPG

7350423.JPG

7350416.JPG

 

7350418.JPG

7350417.JPG

7350419.JPG

 

 この日、新見発1119分の米子行ワンマンカーに乗車した。

18キップが発売されている期間と言うこともあり、車内は思ったより乗客が多い。

小さなバッグを担いでいる客が多いので、明らかにそれと想像がつく。

 

伯備線を行く列車だから当然「布原」は通過し、「新見」からは25分ほどでここ「新郷」に到着した。

ここを出れば25‰の急坂を重ね、県境の谷田峠トンネル(1146m)に入り、そこを抜ければもう鳥取だ。

 



 

| ホーム | 鉄の旅岡山 | このページの先頭 |

 

(c)2010 Sudare-M, All Rights Reserved.

 

inserted by FC2 system