コンテンツ

ホーム

サイト紹介

はれのくに

の旅

旅岡山

遍路歩き旅

海外旅行

伝統こけし

マイブログ

東西の結節点・河内長野

 

 錦織一里塚を過ぎ、近鉄線や国道170号線にほぼ沿った道を歩くこと2キロ余り、右から南海高野線も近づいてくる。

菊水町の交差点で右折し、その南海線を超え暫く進むと、銀行やオフイス飲食店が取り巻く賑やかな駅前の広場に入って来た。

河内長野の駅前で有る。駅前ロータリーの一角に、高野街道合流の石碑が立ち、それには「この付近、東と西の高野街道合流地点 高野山 女人堂へ 南約35km」と書かれている。

京都府の石清水八幡宮から56kmほどの「東高野街道」と、堺市の大小路から20Kmほどの「西高野街道」はこの地点で合流し、ここからは「高野街道」として一本の道となり、高野山不動坂口を目指すことになる。

 

6070101.JPG

6070102.JPG

6070112.JPG

 

6070103.JPG

6070111.JPG

6070113.JPG

 

 奥河内と言われるここ長野は、昔から東・西高野街道や「岩湧街道」(ここから九重峠を越え、高野口に至る街道)、「大沢街道」(和泉から大和五条の間、河内長野を東西に貫く街道)が走り大そう賑わったと言うから、この付近に宿場町が開けていたのかと思ったが、どうもそうではなさそうだ。

 


 

酒蔵通り

 

 アーケードの商店街を背に、車の往来の多い賑やかな交差点を渡ると、道はすぐに閑静な古街道らしい趣のある通りへと様変わりする。駅からは5分ほどの所だ。

入口には弥生時代の「銅鐸」と、寺院の「梵鐘」よりイメージして作られ道標が立っている。地元の商工会が建てたものだ。

 

6070501.JPG

9005196.JPG

6070502.JPG

6070504.JPG

 

その奥のひと際目立つ古民家が吉年邸、江戸時代の豪商で河内鋳物師(かわちいもじ)の流れをくむ屋敷だ。

「袖蔵」の建つ塀から聳え立つのが楠の木で、樹齢は500年を超し、樹高約20mと言い、その枝張りは30mを超すという見事なもので、市の天然記念物に指定されている。

 

6070201.JPG

9005200.JPG

9005199.JPG

 

6070202.JPG

9005202.JPG

070203.JPG

 

 ここら辺りからは町並み再生プランにより再開発された「高野街道 酒蔵通り」が、200メートル程続いている。

古い家屋の残る通りから電柱をなくし、石畳やカラーで街道を舗装している。

家々の門前には燈籠風の道標が置かれ、軒から吊るされた酒林などが風情を誘う。

どこも統一感を持たせた造りに苦労の後が忍ばれる街道である。

この燈籠、夜には淡いオレンジ色の火が燈され、路面に埋められた照明と共に街道を幻想的な雰囲気に誘うと言う。

 

6070212.JPG

6070213.JPG

9005206.JPG

 

 そんな通りにあって一際目を引くのが、「西条合資会社旧店舗主屋」である。

間口が11間と言う二階建て瓦葺の堂々たる建物で、表には荒格子がはめられている。一時は銀行として使われていたそうだ。

低い造りの二階には、白壁に虫籠窓が設けられていて、幕末から明治初め頃の建物らしく、国の登録文化財に指定されている。

 

6070221.JPG

6070222.JPG

9005209.JPG

 

9005212.JPG

6070223.JPG

9005211.JPG

 

その向かい側にある現店舗では、戦国時代の文献をもとに再現した僧房酒や、全国新酒鑑評会金賞に輝く銘酒が揃っていると言う。

店内には休憩スペースが設けられていて、珍しい甘酒サイダーや酒粕アイスクリームなどが店先で頂ける。

酒粕のほのかな香りと、さっぱりとした甘さが爽やかな酒粕アイスは、少し値段は高いが一度は味わってみたい逸品である。

 


 

旧三日市宿へ

 

 酒蔵通りを抜け、西条橋を渡り別久坂(べっくざか)と呼ばれる急坂を上る。

標高182メートルの烏帽子形山東麓に沿って進む高野街道への登り道だが、大して上ることもなくやがて緩やかな道に転じると、その先右手に古社が見えてくる

 

6070211.JPG

6070301.JPG

6070302.JPG

 

 かつてこの山の頂上には河内七城の一つと言われる「烏帽子形城」が有った。

楠正成が築いた城の一つとも言われ、高低差のある堀や土塁を、幾重にも廻らした堅牢な構えの城跡が今に残されている。

安土桃山時代には、キリシタンの城主が、およそ300人のキリシタン領民を治めていたと言う歴史を秘めている。

当時は南河内におけるキリシタン文化の拠点となっていたらしい。

 

6070303.JPG

6070311.JPG

9005219.JPG

 

6070312.JPG

9005221.JPG

6070321.JPG

 

6070313.JPG

6070322.JPG

9005224.JPG

 

 丁度その麓に鎮座するのが、烏帽子形八幡神社だ。

城の北側にあり、その鎮護として創建された歴史を秘めている古社だ。

神域として伐採の禁じられた鬱蒼とした森に向け、石段が延びていて、そんな緑に守られるように建つ本殿は、重要文化財に指定されている。

 

9005227.JPG

6070323.JPG

CIMG5226.JPG

 

 しばらく行くと増福寺があり、その境内に真新し高札が建てられている。

この宿場に隣接する上田には、河内鋳物を生業とする技術者集団が住んでいたとされるから、合流地からここら辺りの街道筋には、賑やかな町並みが展開し、この高札場に続いていたのであろうか。

丁度この辺りが、旧三日市宿の北側入り口に当ると言う。

当時の宿場には20軒余りの旅籠が有り、問屋場や本陣代わりの屋敷などが軒を連ねていたらしい。

 


 

紀見峠から橋本へ

 

 烏帽子形山の坂を下り、南海高野線の三日市町の駅前を過ぎ、天見川に沿って国道371号線を進む。

道は高野山に向けて、いよいよ緩やかながら登り道になってきた。

美加の台を過ぎ、千早口を過ぎ、天見を過ぎる辺りはもはや山の中である。

南海線の天見駅前には、谷間の一軒宿、大正・昭和初期の建築様式を偲ばせる温泉宿・南天苑本館が有る。

 

9005228.JPG

9005229.JPG

6070401.JPG

 

9005231.JPG

6070402.JPG

6070403.JPG

 

6070411.JPG

6070412.JPG

9005299.JPG

 

9005302.JPG

9005303.JPG

6070413.JPG

 

6070421.JPG

6070422.JPG

6070423.JPG

 

そんな山の中の難所、紀見峠を越えると周囲の風景は一変する。

林間田園都市と言う南海電車の駅名が示す通り、新しく開発された街並みを望みながらの下り坂で、道は何時しか橋本市に入って行く。

ここら辺りまで来ると道路標識にも「高野山」の文字を見るようになり、いよいよ近いことを実感する。

 

9005308.JPG

6070431.JPG

9005310.JPG

 

9005311.JPG

6070432.JPG

6070433.JPG

 

 国道371号の旧道を小原田の交差点で左に逸れ、国道24号線の高架を潜り、橋本川に沿って道は緩やかに右カーブで下っていく。

市街地に入りその先で南海高野線に続いて、JR和歌山線の高架を潜り、橋本の町に入ってきた。

ここには大きく高野街道と表示されていて、その先が大和街道との交差点で、直進すれば高野街道が、左折すればJRの橋本駅が近い。

 



 

| ホーム | 遍路歩き旅 | このページの先頭 |

 

(c)2010 Sudare-M, All Rights Reserved.

 

inserted by FC2 system