誘われて

写真と文でつづる旅の思い出

 

 

 

風と雲に誘われてはれのくにおかやま国内の旅行四国八十八カ所 歩き旅東海道五十三次・歩き旅海外の旅ばすの助手席

 

 

 

 

 

 

伝統こけしのふるさとを訪ねて

 

 

■ ■ みちのくの湯治場に息づく伝統美 ■ ■

 

伝統こけし

伝統こけし

 

 

伝統こけし

 伝統こけし

 

江戸時代は文化文政の頃、東北地方の各地には、湯治の習慣が定着した。

一年間の労働で疲れた身心をいやすため、鍋や釜、時には食料までも背負って近くの温泉に出かける。

それに目を付けた近在に住む木地師たちは、近くの山々にある豊富な木材を利用して木地玩具をつくり始めた。

お土産として湯治客相手に売り捌くためだ。

 

こうして東北の各地で作り続けられたのが“木地玩具・こけし”である。

やがてその形や模様などは、その地に住む木地師の間で師弟相伝の形で伝えられて行く。

その特徴と共に、主にその地域内で引き継がれて来たのだ。

 

大正の頃に成って「こけし」 は、大人の趣味、鑑賞の対象となった。

また「こけし」に素朴な美を見出した一部の人たちの蒐集の対象として、もてはやされるようになっていく。

一方戦後多くの観光地などでは、お土産品としての「こけし」が大量に出回り始めるようになる。

すると、それらと区別するために東北各地で作られるものは「伝統こけし」と称するようになった。

そして昭和40年代爆発的なブームを巻き起こすも、その人気は長続きせず、いつしか沈静化し、熱は冷めてしまった。

 

しかし今日首都圏などでは静かに、ブームになっているらしい。

それを支えるのが聞きなれない「こけ女」と呼ばれる若い女性たちだと言う。

デザイン性に着目し、美しさ、可愛らしさ、面白さを味わおうと、その切り口が新鮮で、そこに共感を覚えるらしい。

素朴で飾らない造形に心を癒し、その愛らしい表情に慰められる。

そんな魅力を感じてのことではなかろうか。

 

 

■写真・旅行記はこちら

 

→ 遠刈田系発生期と目される江戸は文化文政の 轆轤で削られた丸い頭と円柱形の胴を組み合わせただけの・・

 

→ 土湯系赤い屋根の小さなお堂には奉納された 温泉の守り神である薬師如来と木地師の始祖・惟喬親王を・・

 

→ 蔵王高湯系嘗ては客がもう一度温泉街を振返り この地は高湯と呼ばれ、古くから開けた湯治場であった・・

 

→ 【津軽系】その歴史は比較的新しく大正時代の初期 土地柄ねぷた模様や、アイヌ模様が描かれることもある・・

 

→ 【南部系】赤い前掛けをした姉さんが大きなお盆に 「ハイ、ジャンジャン」軽妙な掛け声とともに空いたお椀に・・

 

→ 【鳴子系】下駄を鳴らし町歩き温泉とこけしの天国 鳴子には、400にも上ると言われる源泉豊富で多彩な・・

 

→ 【弥冶郎系】山間の開墾で住みついたのが集落の 湯治場を訪れる人々の手土産用として造られてきたのがこの・・

 

→ 【肘折系】名峰月山に抱かれた山深い秘境の温泉 肘折は九十九折の急坂を下った山間、小さく開けた盆地・・

 

→ 【木地山系】地獄の入口立込める温泉ガス秘湯 泥湯は低い屋並みの木造家屋が三四軒、軒を接して連ね・・

 

→ 【鳴子系】大正浪漫ガス灯に懐かしい昭和薫る 銀山川沿いの町並みはどこか懐かしい、古き良き時代の・・

 

→ 【蔵王系】急な石段続く芭蕉ゆかりの霊場山寺と 寺は奥の細道芭蕉が詠んだ「閑かさや 岩にしみいる・・・

 

→ 【山形系】厳冬の山形町中に工人を訪ねる いくらかは残っているから見て行くかい?声を掛け・・・

 

→ 【山形系】天地人上杉氏の城下町駅弁天国 直江兼続などの人気のせいなのか、雪の降る中参詣の人が・・

 

→ 【作並系】頼朝が奥州藤原氏征伐の折兵馬を休め 仙台の奥座敷は、歴代の仙台藩主が隠し湯とした歴史ある・・

 

 

 



 

|  ホーム  |  はれのくに  |  国内の旅行  |  遍路歩き旅  |  東海道歩き旅  | 海外の旅行 |  マイブログ 

 

 

(c)2010 Sudare-M, All Rights Reserved.

 

 

inserted by FC2 system